沼津つーしん
名称
沼津つーしん
よみがな
ぬまづつーしん
愛称・略称
ぬまつー
欧文名称
URL
http://www.numa2.jp/
行政区域
静岡県沼津市
地域
静岡県沼津市
運営者
静岡県沼津市都市計画部まちづくり政策課
運営者類型
地方公共団体
創刊
2020年2月7日
更新頻度
デイリー
コンテンツ
軟派
文体
敬体
ミッション
まちづくり型・収益型
マネタイズ
広告(バナー広告)
アクセス数(公称)
ユーザー
プラットフォーム
ライブドアブログ
ソーシャルメディア
twitter
配信先
キャッチフレーズ
沼津の魅力を面白がって発信するローカルメディアです。|沼津つーしん(ぬまつー)は、沼津市に特化したグルメやニュース、開店・閉店情報など、沼津市民にしかわからないような雑談ネタを毎日モリモリとお届けするローカルメディアです!沼津の“今”を知るなら沼津つーしん(ぬまつー)で!!
特徴
静岡県沼津市が「まち・ひと・しごと創生法」に基づき策定した「沼津市まち・ひと・しごと創生人口ビジョン・総合戦略」の一環で、遊休不動産をリノベーションによる活用を行い、遊休不動産の再生と質の高い雇用の創出等を掛け合わせ、新たな産業振興と地域コミュニティの再生を図るまちづくり事業「沼津市リノベーションまちづくり」の「リノベーションスクール」で立ち上がったローカルメディア。リノベーションスクールとは、市内に実在する遊休不動産を対象に、講師とともに周辺エリアの魅力・価値を高める事業プランを3日間で作り上げる実践的なスクール。 企画の立て方、デザインのアイデア、プレゼンテーションの方法、事業収支の計算手法など、実践を通じて横断的に学び、物件のオーナーに向けて事業提案を行うことで、エリアで活動する担い手を同時に育成し、ハードだけではない、ソフトのリノベーションにも取り組む。オーナーから了承が出た提案については、スクール後、ブラッシュアップを重ねて実際の事業化に向けて動き出すという。2020年2月7日から9日までの「第5回リノベーションスクール@沼津」では、枚方つーしんの運営会社である株式会社morondoの原田一博代表取締役を招いて、まちの未来につなげていくようなソフト面での仕掛けの事業プランを作った。これを契機にこのローカルメディアが具現化したようだ。

新着ローカルニュース